オフィシャルブログ

シーラーでシール⁉

2018年07月17日

《シーラーのこと》

 いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年4月より新しくスタッフとなりました、衛藤直子と申します。

 三邦コーポレーションで初めて知ったシーラー機について

新人の目線で素直に感じた事を書かせていただきました。

 

 シーラーとは、簡単に説明すると、熱を加えて袋の口を圧着して閉じる機械のこと。

包みたい物を袋におさめて封をするものです。

 例えばお菓子の個別包装や食品の密封、DVDや書籍の梱包など、多岐にわたります。

 

 

《シーラーでシールする!?》

 

 シールと聞くと、子どもの頃に大人の目を盗んで、タンスや柱にペタペタと張り付けていた、

お花や車の形をした可愛いものを想像しがちですが、それらは正しくはステッカー(sticker)と訳するそう。

 

 では、シールとは…、正式には「封印する」「密封する」が本来の意味だそう。

ちゃんと知ったのはこの時で、正直なところちょっとびっくりしました。

 シーラーでシールすると言うことは、「シーラーで袋の口を封印する」と言うことになります。

 

 意味が分かってくると、シーラーでシールされたものが生活の中に、身近なところに

たくさん存在していることにあらためて気づかされます。

 

 例えば、頂き物のマドレーヌ。

何気に封を切り、食べることに集中していましたが、封を切るその前に、まじまじと

密封されている袋を眺めることが増えました。

 シール(密着面)の結着部分が気になり、袋の素材はなんだろうかと、しばし考えたり。

ちょっとしたシールマニアになりつつあります。

 これから少しづつ、シールに適した袋についてや、実際にシールしたものなどを

アップしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 


カテゴリー: 三邦スタッフブログ

商品の発送再開についてのお知らせ

2018年07月13日

お客様各位

いつも三邦コーポレーションをご利用いただきまして
誠にありがとうございます。

この度、西日本を中心とした記録的な豪雨により、
商品の発送不能及び遅延が生じておりましたが、
集荷・配送が再開されましたのでご連絡致します。

尚、再開はされましたが、通常の到着より多少の遅延が発生する
恐れがございます。
何卒、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

三邦コーポレーション スタッフ一同

 


カテゴリー: 三邦スタッフブログ最新情報

三邦コーポレーション 2018年GWお休み 2018年4月28日(土)~2018年5月6日(日) のお知らせ

2018年04月19日

 

 

 いつも、三邦コーポレーションのサイトをご覧いただき、

 ご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 

  この度、弊社のゴールデンウイーク期間のお休みは、

 平日の51()2()、を含む下記の通りです。

 

    2018428()201856()

 

 尚、27()お昼14時までのご注文は、当日出荷となります。

  ただし、お休み中もFAXや、メールでのご注文は受け付けております。

 お休み明け、5月7日(月)より順次、出荷対応させていただきます。

  

    どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 


カテゴリー: 三邦スタッフブログ最新情報

カルディコーヒー豆の袋をシールしました。

2018年04月09日

 

 

 

≪カルディコーヒー豆の袋をシールしてみました≫

 

 

季節の期間限定で、桜をイメージしている桜色の袋が可愛い、カルディのコーヒー豆袋。

 

開けると、とても良い香りが広がります。

使う分だけの豆をコーヒーメーカーに入れたら、早速、この袋をシールしてみます。

コーヒー豆の包装によく使われているアルミ袋です。

袋の裏面に、プラPE,PP,PET、と、あります。

 

 

 

≪足踏みタイプのシーラー≫

 

 

使用したのは、業務用足踏み式シーラーFR-DD300です。

シール全長は300㎜、シール幅は10㎜です。

300℃まで温度設定可能で、上下加熱式の足踏みシーラーです。

機械のシール面には小さな線状の溝が掘ってあります。

 

 

挟む部分を横から写したもの。ギザギザの溝がありますが、

これがシール面に幅1㎝の線を付けて、しっかりと封をします。

電源を入れてからあまり時間をかけずにすぐシールできます。

 

 

 

袋を挟んで、足踏みペダルを踏むと、上下から袋をしっかり挟み込みます。

挟んで5秒程待ちます。

ペダルを離すと、しっかりと綺麗にシール出来ました。

 

 

足踏み式は、両手が使えるのでとても便利で、効率よくシール出来き、

茶葉や、コーヒー豆などの包装によく見かけるアルミ袋や、クラフト紙など

厚みのある袋に最適な一台です。

 

 

 

 


カテゴリー: テストシール報告最新情報

卓上シーラーFR-200Lで小倉山荘のPP袋をシールしました。

2018年03月07日

シーラーFR-200L (口幅200㎜)で、テストシールをしてみました。

今回使用したのは、小分け袋に入ったチョコあられが、まとめて入っているお菓子の袋。

袋の裏面には素材表示、プラPP と、あります。

プラPPは、ポリプロピレン のことです。

皆さん、よく目にするし、耳にするのではないでしょうか。

私たちの身の回りでたくさん使用されています。

例えば、食品容器、食品用シート、繊維、プラスチック部品、そして今回のような

包装用フィルム、などなど。

このお菓子の小分け袋を、写真にある大きな袋に戻し、シールしてみます。

 

 

早速、テストシール開始です。

まず、シーラーのコードを差し込み、通電させます。

温度調整をコントローラーのダイヤル1〜8で素材に合わせて調整します。

今回は少し張りがあり、硬めですので、7くらいにしてみました。

 

レバーと本体の間に、閉じたい袋の口を挟み、レバーを下げます。

しっかりと挟んだら、小さな赤いランプ光り、カチッと音がしてランプが消えます。

そこから押さえたまま5秒程待ちます。

ここは、ポイントです。

早く離しても熱が伝わらずくっつきが悪く、押さえすぎても熱で溶けて破れの原因に

なります。

シーラーの温度は約130℃くらいになります。

素材に合った最適な温度を見つけ、なるべく低い温度で時間をかけて使用する事で、

機械をより長持ちさせられます。

 

さあ、シール完了!

いかかでしょうか。。うまくシールできました。

シール幅は、写真にあるように、ペン先で示しているくっついた部分の幅の事を差します。

使用した、熱線 (ヒーター線の幅) は約2㎜です。

 

 

無事に元の状態に戻ったお菓子。

湿気を嫌う食材や、お菓子の保存などにとても便利です。

ご家庭でも、身の回りでの用途は色々と見つかりそうですね。

楽しく楽に保存ができ、尚且つ、保存の時に使うゴムやクリップが不要になるので、

こまごまとした余計な消耗品も発生しないし、「便利で快適な生活」のお手伝いができるかもしれません。

 

 

 

 

 


カテゴリー: テストシール報告最新情報