オフィシャルブログ

シーラーでシール⁉

2018年07月17日

《シーラーのこと》

 いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年4月より新しくスタッフとなりました、衛藤直子と申します。

 三邦コーポレーションで初めて知ったシーラー機について

新人の目線で素直に感じた事を書かせていただきました。

 

 シーラーとは、簡単に説明すると、熱を加えて袋の口を圧着して閉じる機械のこと。

包みたい物を袋におさめて封をするものです。

 例えばお菓子の個別包装や食品の密封、DVDや書籍の梱包など、多岐にわたります。

 

 

《シーラーでシールする!?》

 

 シールと聞くと、子どもの頃に大人の目を盗んで、タンスや柱にペタペタと張り付けていた、

お花や車の形をした可愛いものを想像しがちですが、それらは正しくはステッカー(sticker)と訳するそう。

 

 では、シールとは…、正式には「封印する」「密封する」が本来の意味だそう。

ちゃんと知ったのはこの時で、正直なところちょっとびっくりしました。

 シーラーでシールすると言うことは、「シーラーで袋の口を封印する」と言うことになります。

 

 意味が分かってくると、シーラーでシールされたものが生活の中に、身近なところに

たくさん存在していることにあらためて気づかされます。

 

 例えば、頂き物のマドレーヌ。

何気に封を切り、食べることに集中していましたが、封を切るその前に、まじまじと

密封されている袋を眺めることが増えました。

 シール(密着面)の結着部分が気になり、袋の素材はなんだろうかと、しばし考えたり。

ちょっとしたシールマニアになりつつあります。

 これから少しづつ、シールに適した袋についてや、実際にシールしたものなどを

アップしていきたいと思っています。

 

 

 

 

 


カテゴリー: 三邦スタッフブログ