オフィシャルブログ

ブレンディ深煎りポーションコーヒーの外袋 | 卓上シーラーFR-200LB vs 身近な袋

2015年08月07日

ブレンディ深煎りポーションコーヒーの外袋

連日の猛暑をしのぐアイテムとして、本格的なアイスコーヒーが味わえるブレンディ深煎りポーションコーヒーというのを飲んでいます。

 DSC_0399

今回は、三邦の業務用卓上シーラーFR-200LBで、ブレンディ深煎りポーションコーヒーの外袋をシールしてみました。

 

 

袋の特徴

裏面の素材表示を見ると、外袋、ポーションシール(蓋フィルム)、ポーションカップそれぞれについて、素材構成が具体的に表記されていました。

 DSC_0398

 

今回、シールする外袋はPPとPETで構成されているようです。

 

 

三邦の業務用卓上シーラーFR-200LBでヒートシール

10mm巾シールが特徴の業務用卓上シーラーFR-200LBでシールしてみました。

DSC_0887

(デモ機1号)

 

薄めの素材だったこともあり、しっかりシールできています。

 

DSC_0888

(表面=圧着シリコンゴム側)

 

DSC_0890

(裏面=熱線側)

 

DSC_0889

(しっかり熱圧着されています。)

 

FR-200LBは、10mmの太幅シールが好評の機種です。

アルミ袋や滅菌パックにもしっかり熱圧着できるので、幅広い業界で活躍しています。

 

 

卓上シーラー機で太幅シールできる機種をお探しの方は、是非、三邦コーポレーションのFR-200LB、FR-300LBをご検討ください。

 

なお、ひとくちにアルミ袋、滅菌パックといっても様々ですので、無料テストシールでご確認いただくことをおススメしております。

テストシールのご案内

 

FR-200LB、FR-300LBのご検討、ご購入は。

こちら

 


カテゴリー: テストシール報告